「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」をご存じですか?

日本にしか、
つくれないメダルを。


というキャッチコピーに、

使わなくなった小型家電をリサイクルでメダルへ

と添えてあります。

2020年東京オリンピック・パラリンピックの入賞メダルに、不要になった小型家電に含まれるリサイクル材が活用されることになったのだとか。そしてこのプロジェクトに、自治体として宝塚市も参加するんだそうです。

小型家電のリサイクルは、平成25年(2013年)4月に小型家電リサイクル法の施行により、宝塚でも市内9か所に回収ボックスが設置されています。

でも、なんとなく集めて持っていくのが面倒で、我が家にもたまっていたんです。こんなヤツ。使わなくなった電子辞書、ケータイなど。
P1040286

で、この部品の一部がリサイクルしてメダルになるかも?ということで、持っていくことにしました。
スタッフが持って行った場所はココ。
P1040291
あいあいパーク内にある、長尾地区センター。に入る少し手前に、ありました。小型家電回収ボックス。
P1040288
ほら、オリンピックのことも書いてありますよ。なんかわくわくしますね♪
P1040289
もちろん、メダルにならなくても、リサイクルは大切ですが、こういうのがあると、なんか面倒だけど、よっこらせ、と、持っていくきっかけにいいかもしれません。
皆さんもいかがですか?家の中も、ちょっぴりスッキリします。

ちなみに、回収できるもの、回収ボックス設置場所は下記をご覧くださいね。
http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/cleancenter/household_garbage/1001131.html

以上、宝塚の情報を発信するComipa!編集室(KI)でした。