みなさま、アジア大会は見ていましたか?
シンクロ板飛び込みで寺内健・坂井丞組3位・銅メダルを獲得しましたね!

関連記事:【アジア競技大会】飛び込みの板橋美波、寺内健、新井祭里を応援しよう!

今回の『セピア色の写真が語る』は宝塚における、スポーツ・野球の歴史についてご紹介します。


宝塚にあったプロ球団 「宝塚運動協会」

日本初のプロ球団を宝塚に招聘した小林一三
日本に野球が伝わったのは1872(明治5)年とされ、まず大学野球が盛り上がって、瞬く間に日本中に広がりました。日本初のプロ球団「日本運動協会」が設立されたのは、1920(大正9)年と遅れますが、野球だけでなく勉学にも力を入れ、社会人として通用する人格形成教育を徹底したそうです。しかし、1923(大正12)年の関東大震災によって本拠地・芝浦球場が使用できなくなり、解散をよぎなくされました。そこで手を差し伸べたのが、阪神急行電鉄(のちの阪急電鉄)の社長であった小林一三。1924(大正13)年、日本運動協会の理念を引き継いで本拠地を宝塚球場に移し、「宝塚運動協会」を再結成します。すでに、電鉄会社によるプロ野球リーグの構想を抱いていた彼にとって、宝塚運動協会の結成はその第一歩といえるものでした。 

盛り上がった宝塚運動協会VS大毎野球団 
宝塚運動協会の本拠地・宝塚球場は、現在の関西学院初等科の辺りにあった宝塚運動場の一角にありました。宝塚運動場は、一大レジャーゾーンを目指して阪神急行電鉄(のちの阪急電鉄)が宝塚に建設した大規模スポーツ施設。野球場の観客収容人員は約1万人で、外野のうしろには選手たちの合宿所もありました。 当時、対戦するプロ球団がなかったため、チームは大陸遠征を行ったり、実業団や大学チームと対戦していました。なかでも、大毎野球団(大阪毎日新聞)とは激しい戦いを繰り広げ、宝塚球場の名物試合となって観客を集めました。しかし、昭和の金融恐慌によって大毎野球団が解散。最大の対戦相手を失った宝塚運動協会も1929(昭和4)年に解散します。チームは5年という短命に終わりましたが、その後小林一三が大阪阪急野球協会(のちの阪急ブレーブス)を発足した際に、ホームグランドとしたのが宝塚球場。翌年の西宮球場開業まで、この球場で試合を行いました。 

宝塚球場
宝塚球場(宝塚市立中央図書館提供)

【ComiPa! Vol.40(2014年秋発行号)より】