宝塚に住んでいると、阪急電車の車内広告や駅構内の広告などで、歌劇ファンならずとも、歌劇の演目を目にする機会は結構あります。

かくいうスタッフも、そんな一人です。
そして、電車のドア横の広告で見たのが、こちら↓。
IMG_1213
現在、宝塚大劇場で上演中の雪組『 壬生義士伝』。
久々の?時代劇もの、でしょうか。

IMG_1217
阪急電車駅構内にあるフリーペーパー「TOKK」には、トップスター望海風斗さんのインタビュー記事が載っています。

壬生‥とつくから新選組、と察しはつきますが、作者は浅田次郎。え!そういえば‥
IMG_1218
家族も浅田次郎が好きなので、家に本がありました!
知らなんだ。
これはぜひ読まなければ‥‥!

というスタッフ、実はその昔に時代劇ドラマ『新選組始末記』(原作/子母澤寛)を見てからのうっすら新選組ファンなのです。※当時のキャストは近藤勇が平幹二郎、土方歳三が古谷一行、沖田総司が草刈正雄

『燃えよ剣』(司馬遼太郎)を読んでから、さらに思いは募り、函館五稜郭やら京都の池田屋周辺とか東京・日野のあたりにも行きたいなあと思っていたのですが‥。

先日、とうとう(?)壬生寺に行ってきました。
といいつつ、全体写真は撮ってなかったので、借りてきました。↓こちらは境内奥の本堂。
壬生寺_s
 ※写真ACより JOEさん撮影                            

意外と?大きい。
そして、新選組ゆかりの‥壬生塚がこちら。
P1040843

壬生塚(新選組太市の墓所)と壬生塚歴史資料室(壬生寺阿弥陀堂の地階)があります。
公開時間は8:30〜16:30
参拝・拝観料 大人200円 小中高校生100円
P1040846
訪れたのは秋なので、こんなに紅葉も真っ赤です‥。

新選組の足跡が、今なお残る場所が、近く(日帰りで行ける)にあるのですね‥。
ちなみに、すぐ近くには八木邸(京都市指定文化財)もあり、しばしタイムスリップが楽しめます。
興味のある方、一度行ってみてはいかがでしょうか?

以上、宝塚と周辺の情報を発信するコミパ!編集室(KI)でした

壬生寺
http://www.mibudera.com
京都市中京区坊城仏光寺北入る