夏休み、子どもをどこに連れて行こう‥とお悩みの方に。そして、実は昆虫好き!という方におすすめなのが、大阪にある長居公園内、大阪市立自然史博物館です。

長居公園は、広大な公園に長居陸上競技場、キンチョウスタジアム、長居植物園・大阪市立自然史博物館ともりだくさん!地下鉄の駅からも近いのが魅力です。

先日、スタッフも自然史博物館に行ったのですが‥公園内は蝉しぐれ、そしてこんなのぼりが!
IMG_1454

こちらが、長居植物園・自然史博物館の入口です。
IMG_1460
自然史博物館には常設展と特別展示があり、常設展も、かなり見ごたえがあります。
IMG_1488
入口にはこんな迫力ある骨格標本(たぶんレプリカ)!

そして、中はこんな感じ。
IMG_1466
恐竜だけでなく、昆虫や植物など、さまざまなジャンルに分けての紹介で、触れる展示があるのが魅力(全部ではありませんが、これはさわっていいよ、などの表示があります)!
館内写真撮影もOKなので、あちこちで、写真を撮っているグループや家族連れが。


そして、今回ご紹介するのは、特別展「昆虫」。阪急電車のこんな中吊りを見た方も、いるのでは?
IMG_1573
実はスタッフ、こちらは行ってないのですが、かなり人気のようです。
ふだんお目にかかれない珍しい・カラフルな昆虫の標本もあるという噂を聞きました(^_^;)。

ちなみに、長居植物園にはこんなインスタ映えスポットも。
植物園

大人は入館料がかかりますが、子どもは中学生以下無料、というのにはうれしいですね。
常設展と特別展を両方見たら、まる1日楽しく過ごせそうです。

皆さんも、行ってみてはいかがでしょうか?

特別展「昆虫」(公式HPより引用・抜粋)


昆虫の起源は4億8000万年前、その種類は名付けられているものだけでも100万種にのぼります。
本展は世界で収集された多数の標本や展示演出で、昆虫の驚くべき世界を紹介します。全長約2メートルの巨大模型で昆虫の体の仕組みを紹介するコーナも見どころの一つ。昆虫の採集方法や標本の作り方についても、プロが実際に使っている道具や実際の映像などを用いてわかりやすく紹介しています。夏休みにファミリーで楽しみながら、学んいただける展覧会です。


【開催日】 7/13(土)~9/29(日)
※休館日:7/29日(月)、8/19日(月)、26日(月)、9/2日(月)、9日(月)、17(火)、24(火)

【開館時間】 9:30~17:00(入場は16:30まで)

【場所】 大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール(花と緑自然の情報センター2階)

【特別協力】 国立科学博物館
【協力】 九州大学総合研究博物館
【展覧会公式サイト】 https://www.ktv.jp/konchu/
【観覧料】 大人1,400円、高大生800円、中学生以下 無料

※特別展入場料で、自然史博物館常設展も入場可

【主催】 大阪市立自然史博物館、読売新聞社、関西テレビ放送


大阪市立自然史博物館(常設展)
大阪市住吉区長居公園1-23
【開館時間】 9:30~17:00(入場は16:30まで) 
【入場料】大人300円、高校・大学生200円、中学生以下無料
※植物園にも入園可
【休館日】月曜(休日の場合はその翌日)

以上、宝塚と周辺の情報を発信するComipa!編集室(KI)でした。