みなさん、梅田の阪急三番街の「UMEDA FOOD HALL」、行かれたことありますか??
Screenshot_20190919-145217~2
※公式HPより

2018年3月に、阪急三番街北館地下2階がリニューアル!18店舗ものいろいろな人気店の料理を共有の飲食スペースで楽しむ、いわば“進化版フードコート”スタイルの「UMEDA FOOD HALL」が出来て、約1年半。

梅田に出かけることは結構あるのに、まだ1度しか足を踏み入れたことのない「UMEDA FOOD HALL」に、今回わたしが再来した理由は・・・

“台湾まぜそば”なるものを食べてみたかったから!!!

というのも、先日TBSテレビ「マツコの知らない世界」で紹介されていて、とても食べてみたくなったのです

UMEDA FOOD HALLには「麺や マルショウ」という、豊中に本店がある人気の台湾まぜそばのお店が入っています。

台湾まぜそばとは、台湾ミンチという唐辛子とニンニクを効かせた醤油味のピリ辛ミンチを極太麺に乗せた汁なし麺で、なんと発祥の地は『名古屋』らしいんです。
と、ことばで説明するより、まずは写真をどうぞ!!
IMG_20190914_112929~2
迫力満点でしょ~~

真ん中が台湾ミンチ。生のニラ、ねぎ、角切りのメンマ、のり、上に卵黄。
IMG_20190914_112913~2
カウンターにいろいろトッピングがあり、私は昆布酢をチョイス。これを入れると「味がまとまった!」とマツコさんが驚いていたので、私もやってみたいなと思って辛いの好きな私は、通常の辛さで注文し、自分でラー油やゆず胡椒で調整しましたが、辛さひかえめも出来るみたいです!

あと、左上にあるのは「追い飯」という、最後残った具に混ぜて食べる用のご飯です。

これを、ぜーんぶ、ぐっちゃぐちゃに混ぜていただくのがルールということなので、れんげとお箸で遠慮なく!
IMG_20190914_113159
これは!麺が太いのに、しっかり具が麺に絡みました!

そしてひとくち!!!甘辛く、想像していた以上にクセがなく食べやすい!!辛みは感じるけど、卵黄のおかげか全体的にまろやか。食べる前は生ニラの主張が気になっていましたが、しっかり混ぜるとちゃんと一体になって、いいバランス。四角いメンマの歯ごたえがいい!

そういえば、と思い出して“昆布酢”を投入するとあら不思議!ぜんぜん違う味に!!!
マツコさんの放った「味がまとまった!」の言葉に大納得!!!
もちろんさっきのも美味しかったけど、私は昆布酢投入が気に入りました
ニンニクのトッピングもあったので、支障のないときにはたくさん入れるとますます美味しそうですね

パクパクと食べ進み、あっという間に追い飯も投入。こちらはこちらで美味!!「台湾丼」とか作っても売れるんじゃない?というぐらい、麺とはまた違う美味しさ。

これはたしかにクセになりそう~というお味で、大満足でした!


ちなみに・・

土曜日の11時にUMEDA FOOD HALLに行きましたが、もうすでに結構な人。とっても広いので、そのときはまだすんなり席を確保できましたが、11時半ごろにはいっきに人が増えてきて、席を探す人の姿も・・。

ということで、土日祝に行かれる方は、11時頃に行って席を確保するのがおすすめです

以上、宝塚からのお出かけグルメ情報もお届けするコミパ!編集室でした♪

麺や マルショウ 阪急三番街 UMEDA FOOD HALL
10:00~23:00