11月15日、武庫川のにかかる蓬莱橋のたもと、若水前で、とあるセレモニーがありました。
新聞やTVなどニュースにもなっていたのでご存知の方もいるでしょうか?
橋のたもとはこんな感じに‥‥^^;
1IMG_2706

炭酸水「ウィルキンソン タンサン」の発祥の地は、実はわがまち宝塚。この宝塚でジョン・クリフォード・ウィルキンソン氏が炭酸泉を発見したのが最初‥というのは、ComiPa!で、またこのブロクでもご紹介しました。

その時の記事はこちら↓
【セピア色の写真が語る】宝塚の炭酸水

当時、泉源が発見された場所にあった石柱が復元され、この日、そのお披露目式が行われたのです。
2IMG_2713
写真左側に白い幕があるのがその碑。
この日のために、ウィルキンソン氏のひ孫に当たるパトリシア・レズリー・デイさんとそのご主人もイギリスから来日されていました。
3IMG_2717
除幕の瞬間!

4DSC_0915*
「天然たんさん水 この下」の復元された石碑。中川宝塚市長も来られていました。
 
5IMG_2725

こちらも、同時にお披露目された銘板。
右側におられる女性は、在大阪英国総領事館の総領事。
その後、「ウィルキンソン タンサン発祥地に関するセミナー」がホテル若水にて開催されました。

レズリー・デイさんは、「来日は3回目。曾祖母は日本人で、曽祖父がこうして祝福してもらえてうれしい。英国ではウィルキンソン タンサンは飲めないので、飲んで帰ります」と話しておられました。
(除幕式と、ホテル内での記念品授与のときとのメッセージをあわせての↑話です)
 
6IMG_2761
レズリーさんへの記念品授与、宝塚市長あいさつ、アサヒ飲料(株)の国内市場の現状や動向などの報告(炭酸水の売上がここ最近うなぎ上り!)が続き、さらに田辺眞人氏(宝塚市大使、園田学園女子大学名誉教授・写真)による講演、鈴木 博氏(郷土史家)の講演がありました。

宝塚で生まれたウィルキンソン タンサン。みなさんも、一度、この石碑と銘板を見に行ってみてはいかがでしょうか?
8IMG_2181*
  
以上、宝塚の情報を発信するComiPa!編集室でした。

 関連記事