長く続くコロナ禍、確か去年の春頃は、運転免許の更新もストップしていたような…
そんな中、スタッフにも免許更新のお知らせハガキが届きました。

今は再開しているとは聞いていたけど、どんな具合かな…
ともかく、まずは美容院に行き(;^_^A、髪の毛きれいに見えるようにして、いざ、出かけてきましたので、ご報告。免許更新が近い方、ご参考にしてください(あくまで2月某日現在の情報です)。

阪神運転免許更新センターは、JR伊丹駅から徒歩5分もかからないところにあります。
IMG_6555
入り口はこちら↓
 IMG_6557
[受付]
入る前に、持ち物の、ハガキとボールペン、印鑑はあるのを確かめていたのですが…
入ったところで、すぐに受付。はがきと免許証の提示を求められます。
こんな入り口で免許証がいるとは思ってなくて、やや焦って免許証を出します。

そして、すぐ次に、紙をもらいます。
更新申請書、ですね。

[更新申請書の記入]
記入する台のところへ行って、記載例に沿って記入します。
この記入台も空いていました。
住所変更などもないので、3分もたたずに書き込み終了。

[支払い]
その後、支払い窓口へ。更新手数料を払います。
スタッフは優良運転者なので、講習手数料2500円と更新手数料500円で、計3000円。
支払うと、印紙替わり?の赤いハンコがポンポンと押されます。
(前は印紙を貼ってたような…?違うかな?なんとなく簡素化されたイメージ)

[視力検査]
空いていて、ここでも待ち時間ほぼゼロ。
スタッフは視力が悪いので、視力検査は苦手なのですが、ともかく、無事クリア。

[暗証番号登録]
次は〇〇へ行ってね、と案内されるままに、次は暗証番号入力へ。
うっすら前回も入力した記憶はありましたが、あー2つ…あわてて考えて、入力します。
IMG_6553
忘れる~と思いましたが、プリントアウトされるので、大丈夫。

[写真撮影]
写真撮影です。
IMG_6554
 上着を取って…と書いてあるのは後で気づいたけど、上着を脱いで、バチリ。
実はスタッフ、パチリとされると目をつぶる、という困った癖があり、この時も、撮影した方に、「あー目が…」と言われ、撮り直し?と思いましたが、
「連写だから大丈夫だよ~」と、確認してくれている様子…
「はい、撮れてます」と言われ、色のついた紙に番号が書かれているものをもらいます。
次は2階へ上がっての更新講習。

[更新講習]

廊下にも案内する方がいて、「はい、この部屋の〇番の席に座ってくださいね~」と言われて、資料をもらって座ります。

ほどなく講習が始まりました。講習をされる方が
「密を避けるため、通常60人が入れる教室ですが、30名強で行っています。
さらに、通常はいろいろご説明するところ、できるだけ喋らないようにしますので、あとで資料を読んでください」とのこと。
ビデオを見て、講習は30分で終了です。

ビデオは、やっぱり安全運転に気を付けよう、と思う内容でした。
最後に、あおり運転の厳罰化、運転免許の種類に関わる規定が変わったことなどが紹介されました。

[免許証の交付]
いちばんびっくりしたのがココ。
前は、1階に降りて、自分の免許証ができるまで、病院の会計や薬ができるのを待ってるみたいに、長椅子で延々待っていた…記憶があるのですが。
講習後、座って受け取り票に記名をして待っていると、すぐにそのまま、椅子の番号順で免許が交付、もらえました。
なんとスムーズ!

ということで、約1時間で、無事終了しました。
平日だったのもあるのかもしれませんが、さくさくスムーズ、密にはなりませんでした。

係の皆さん、お疲れ様です(ほんとにたくさんの方が案内など立っていました)

運転免許の更新は、有効期限末日が令和3年3月31日までの方は運転免許の有効期間の延長が可能だそうです。
詳しくは、兵庫県警察のHPでご確認ください


スタッフが行った時の情報ですので、参考にしつつ、変わってるかもしれませんので、その辺りはご了承くださいね。
以上、宝塚と周辺の情報を発信するコミパ!編集室(KI)でした。